新規事業創出・事業承継・M&Aのご相談はこちら

055-994-0680

受付時間:9:00~18:00

お問合わせ

M&Aとは?メリット・デメリット解説【YOUTUBEによる解説有】

建設業者の事業承継・M&A

2020年10月1日に施行された改正建設業法により、建設業者の事業承継・M&Aはとても取り組みやすくなりました。

1)許可申請の事前認可手続きによる円滑化

従来の建設業法では、原則として許可申請のための空白期間が生まれてしまいましたが、
改正建設業法により、合併・事業譲渡等に際し、
事前認可の手続きにより円滑に事業承継できる仕組みを構築することで、その課題を解決することができるようになりました。

従来の建設業における事業承継・M&Aの課題点
・ 事業承継時、相続時に新規許可取得が原則として必要であり、事業の空白期間が生じる
・ (新規の許可取得のため)提出する書類の枚数が膨大である

 

2)経営業務の管理責任者になるための要件の緩和

こちらは、コラムでも記載させていただきましたが、その他にも事業承継・M&Aに関する改正内容があります。
従来の建設業法では、建設業の経営に関する経験が5年もしくは6年必要でした。
しかし、2020年10月以降は、補佐する人間をつけることで「建設業以外の業種の役員経験も認められる」ことになりました。

さらに、経営に関する経験の業種の壁がなくなり、申請する業種にかかわらず、建設業の経験であればどの業種でもカウントできることになりました。
建設業の事業承継というと、この経営業務管理責任者の要件を後継者にいかに確保するかが一つの課題であり、時間を要するものでした。

そのため、事業承継しようとした際に、社長の退職と同時に建設業の許可要件を満たさなくなるということがおきていました。
しかし、今回その要件が緩和されたことにより、従来よりも後継者が要件を満たしやすくなり、事業承継を進めやすくなりました。コラムには具体例も記載しておりますので、こちらもご覧ください。

コラム
①建設業の事業承継・M&A その1 ~経営事項審査と事業承継・M&A~(YOUTUBEによる解説付)
②建設業の事業承継・M&A その2 ~改正建設業法と事業承継・M&A ~
③建設業の事業承継・M&A その3

今回の建設業法の改正により、建設業者の事業承継・M&Aの加速が見込まれます。
しかし、事業承継においては準備期間が必要となります。
建設業法改正の趣旨としては、「建設業の働き方改革の促進」「建設現場の生産性の向上」「持続可能な事業環境の確保」といった観点があります。

こちらにつきましても、多くの建設業者様とのお付き合いがある静岡東部事業承継・M&A相談室(運営元:SUBIRAグループ)だからこそ、お力になれることがあります。
普段の許可申請に加え、建設業に関するご質問・ご相談も幅広く対応しております。
まずはお気軽にご相談下さい。

無料相談受付中

静岡東部事業承継・M&A相談室(運営元:SUBIRAグループ)では、事業承継・M&Aを考えている企業様からのご相談はお気軽にご相談いただきやすいように初回無料で受け付けております。
ご連絡は下記お電話もしくは、メールからお問い合わせをお願い致します。

お電話:055-994-0680

メールでのお問い合わせはこちら>>

こちらのページもご覧いただいています

お客様インタビュー

楽しい人と一緒に仕事をしたい。だから自分が楽しいと思えることをしていきたい。
今のこの営業所の雰囲気僕好きです/将来の事業承継も見据えた組織開発、社内活性化での顧問
で、聞いたんですよ。 参加している一人一人に。「その時間を楽しみにしている」、それが決定的だった!
将来の事業承継も見据えた組織開発、社内活性化での顧問

コラム

コラム一覧
建設業の事業承継・M&A その1 ~経営事項審査と事業承継・M&A~(YOUTUBEによる解説有)
建設業の事業承継・M&A その2 ~改正建設業法と事業承継・M&A ~
建設業の事業承継・M&A その3
【ご相談事例①】父の居場所は無くせない・・・
【ご相談事例②】一度シンプルにしてみる
【ご相談事例③】変えたくない社長と、変えたい後継者

基礎知識

事業承継の基礎知識
親族内承継のメリット・デメリット(YOUTUBEによる解説有)
従業員承継のメリット・デメリット
特例事業承継税制
事業承継信託|自社株信託
静岡県内で会社を買いたい方
静岡県内で会社を売りたい方

PAGETOP