新規事業創出・事業承継・M&Aのご相談はこちら

055-994-0680

受付時間:9:00~18:00

お問合わせ

事業承継の基礎知識

事業承継計画

事業承継計画とは

社長の交代はいつするのか?

後継者は誰にするのか?

これを決めてからの行動スケジュールのことです。

後継者と交代時期を決めたら、そこから逆算して、これから行っていく事を決めていかなければなりません。
利害関係人への理解を得たり、自社株の移転時期、移転方法、定款の見直し、
従業員や取引先への説明、退職金はどうするかなど、事業承継に伴い、行うことは多くあります。

つまり、事業承継計画を決めることは、「」「資産」「知的資産」の承継のスケジュールを決めるということです。
そして、それを整理し、「見える化」することで計画的に物事を進めることができます。

事業承継は会社の将来を決める大事な事柄であるからこそ、しっかりと計画を立てて進めるべきなのです。

事業承継を行うためには、上記に書いた二点、
①社長の交代はいつにするのか?
②後継者は誰にするのか?
を決めることが一番大事になります。

これこそが、事業承継の核となるべきことです。

事業承継のステップ

中小企業庁の「事業承継ガイドライン」には次のように示されています。(親族内承継・従業員承継の場合)

事業承継に向けた準備の必要性の認識
経営状況・経営課題等の把握(見える化)
事業承継に向けた経営改善(磨き上げ)
事業承継計画策定
事業承継の実行
ポスト事業承継(成長・発展)

事業承継は会社が継続していく上では、必ず通る道です。

早めからしっかりと計画を立てて進めていけるかどうかで明暗が分かれます。

もし、どのように事業承継を進めていけばいいのかという悩みがある場合は、
「事業承継の計画書」の作成・提案を事業承継の専門家に早期に依頼するのが良いでしょう。

そうすることで、事業承継の専門家が間に入って、事業承継を計画的に進めていく事ができるでしょう。

こちらのページもご覧いただいています

お客様インタビュー

楽しい人と一緒に仕事をしたい。だから自分が楽しいと思えることをしていきたい。
今のこの営業所の雰囲気僕好きです/将来の事業承継も見据えた組織開発、社内活性化での顧問
で、聞いたんですよ。 参加している一人一人に。「その時間を楽しみにしている」、それが決定的だった!
将来の事業承継も見据えた組織開発、社内活性化での顧問

コラム

コラム一覧
廃業以外の手段を考える(早めのご相談を!)
建設業の事業承継・M&A その1 ~経営事項審査と事業承継・M&A~(YOUTUBEによる解説有)
建設業の事業承継・M&A その2 ~改正建設業法と事業承継・M&A ~
建設業の事業承継・M&A その3
【ご相談事例①】父の居場所は無くせない・・・
【ご相談事例②】一度シンプルにしてみる
【ご相談事例③】変えたくない社長と、変えたい後継者

基礎知識

事業承継の基礎知識
親族内承継のメリット・デメリット(YOUTUBEによる解説有)
従業員承継のメリット・デメリット
M&Aのメリット・デメリット(YOUTUBEによる解説有)
特例事業承継税制
事業承継信託|自社株信託
静岡県内で会社を買いたい方
静岡県内で会社を売りたい方

PAGETOP