新規事業創出・事業承継・M&Aのご相談はこちら

055-994-0680

受付時間:9:00~18:00

お問合わせ

事業承継の基礎知識

先代社長と後継者のコミュニケーション

中小企業の事業承継では多くのケースが親族内承継になります。
現在、中小企業の経営者の平均年齢は60歳を超えており、事業承継は進んでいません。

その大きな原因はどこになるのでしょうか?

一つの原因は、先代社長と後継者のコミュニケーション不足があげられます。

 よく先代社長からはこのようなお悩みを聞きます。

・後継者(長男)が経営理念や仕事を全く分かってくれない
・後継者が未熟過ぎて、まだ代わるわけにはいかない
・息子(後継者)に何を言っても伝わらない

 一方で、後継者からはこのようなお悩みを聞きます。

・親父(先代)が全然自分を認めてくれない
・親父(先代)のやり方は間違っている
・世代交代を進めようとしてくれていない

 これらは些細な親子関係のすれ違いからきていることが多いです。
この多くのケースでは、仕事上の最低限の会話や、世間話はしても会社の問題や家の問題については、時間をとって話していないことが原因かもしれません。

実はしっかりとお互いに腹を割って話し合ってみると、考えていることは同じである場合や、話してみたからこそ分かることがあります。
しかし、家族だからこそ真剣な話をするのが、恥ずかしかったり、遠慮があったり、感情的になってしまったりということがあります。

 そこで、家族の中に第三者を入れたファミリーミーティング(家族会議)を開催してみるというのも良い方法かもしれません。
ファミリーミーティング(家族会議)で話し合う議題は難しくなくてもよく、家族で会社や家のことについて話し合う機会を持つということが何よりも大切なことになります。
第三者にファミリーミーティング(家族会議)を開く趣旨説明や召集を行うことで、恥ずかしさや遠慮はなくなります。

 ファミリーミーティング(家族会議)について、興味のある方は静岡東部事業承継・M&A相談室までお問い合わせください。

初回無料で相談を受け付けております。

静岡東部事業承継・M&A相談室では、ちょっとしたご質問、ご相談にもお応えできるよう、
初回面談は無料で受け付けています。

心配ごとがあるようでしたら、ぜひ一度お電話ください。
ご相談の流れについて詳しくはこちら>>

こちらのページもご覧いただいています

お客様インタビュー

楽しい人と一緒に仕事をしたい。だから自分が楽しいと思えることをしていきたい。
今のこの営業所の雰囲気僕好きです/将来の事業承継も見据えた組織開発、社内活性化での顧問
で、聞いたんですよ。 参加している一人一人に。「その時間を楽しみにしている」、それが決定的だった!
将来の事業承継も見据えた組織開発、社内活性化での顧問

コラム

コラム一覧
廃業以外の手段を考える(早めのご相談を!)
建設業の事業承継・M&A その1 ~経営事項審査と事業承継・M&A~(YOUTUBEによる解説有)
建設業の事業承継・M&A その2 ~改正建設業法と事業承継・M&A ~
建設業の事業承継・M&A その3
【ご相談事例①】父の居場所は無くせない・・・
【ご相談事例②】一度シンプルにしてみる
【ご相談事例③】変えたくない社長と、変えたい後継者

基礎知識

事業承継の基礎知識
親族内承継のメリット・デメリット(YOUTUBEによる解説有)
従業員承継のメリット・デメリット
M&Aのメリット・デメリット(YOUTUBEによる解説有)
特例事業承継税制
事業承継信託|自社株信託
静岡県内で会社を買いたい方
静岡県内で会社を売りたい方

PAGETOP