新規事業創出・事業承継・M&Aのご相談はこちら

055-994-0680

受付時間:9:00~18:00

お問合わせ

事業承継の基礎知識

特例事業承継税制

特例事業承継税制とは

事業承継では、自社株を移す際の税金面対策を主軸として行う方法もあります。
業績の良い企業では、自社株の評価額が高くなってしまい、贈与・相続税の負担の重さから事業承継が困難になるケースもあります。

これに対する国の対策として、事業承継税制という制度があります。

しかし、その条件の厳しさから事業承継税制が活用されるケースは多くはありませんでした。
そのような中、現在では事業承継税制を使いやすくする取り組みとして、期間限定で、特例事業承継税制といった使いやすい制度になりました。

この特例事業承継税制を使うことにより、
贈与時・相続時に後継者に自社株を承継するときの税金が全額猶予されるといった制度になります。

特例事業承継税制と事業承継税制の比較

 

特例事業承継税制

事業承継税制

対象株数

全株式

総株式数の最大3分の2まで

納税猶予割合

100

贈与:100%
相続:80%

承継パターン

複数の株主から最大3人の後継者

複数の株主から1人の後継者

雇用確保要件

弾力化

承継後5年間
平均8割の雇用維持が必要

経営環境変化に対応した免除

あり

なし

相続時精算課税の適用

60歳以上の者から20歳以上の者への贈与

60歳以上の者から20歳以上
の推定相続人・孫への贈与

事前の計画策定

5年以内の特例承継計画の提出
(2018年4月1日~2023年3月31日まで)

不要

適用期限

10年以内の贈与・相続等
(2018年1月1日~2027年12月31日まで)

なし

(経済産業省-経営承継円滑化法-申請マニュアルより加工)

特例事業承継税制は期間限定

この特例事業承継税制を活用するためには、
令和5年3月31日までに認定経営革新等支援機関の指導及び助言を受けた旨を記載した特例承継計画の提出が必要となります。

そのため、事業承継において、自社株移転の際の税金の問題が大きな企業においては、期間を意識して事業承継を進めていくべきでしょう!
特例事業承継税制を活用して、全株式を対象とした、100%の納税猶予が受けられるのと、受けられないのとでは大きな差が出てしまいます。

早いうちに一度、事業承継の専門家に相談してみるのがよいでしょう!

こちらのページもご覧いただいています

お客様インタビュー

楽しい人と一緒に仕事をしたい。だから自分が楽しいと思えることをしていきたい。
今のこの営業所の雰囲気僕好きです/将来の事業承継も見据えた組織開発、社内活性化での顧問
で、聞いたんですよ。 参加している一人一人に。「その時間を楽しみにしている」、それが決定的だった!
将来の事業承継も見据えた組織開発、社内活性化での顧問

コラム

コラム一覧
廃業以外の手段を考える(早めのご相談を!)
建設業の事業承継・M&A その1 ~経営事項審査と事業承継・M&A~(YOUTUBEによる解説有)
建設業の事業承継・M&A その2 ~改正建設業法と事業承継・M&A ~
建設業の事業承継・M&A その3
【ご相談事例①】父の居場所は無くせない・・・
【ご相談事例②】一度シンプルにしてみる
【ご相談事例③】変えたくない社長と、変えたい後継者

基礎知識

事業承継の基礎知識
親族内承継のメリット・デメリット(YOUTUBEによる解説有)
従業員承継のメリット・デメリット
M&Aのメリット・デメリット(YOUTUBEによる解説有)
事業承継信託|自社株信託
静岡県内で会社を買いたい方
静岡県内で会社を売りたい方

PAGETOP