新規事業創出・事業承継・M&Aのご相談はこちら

055-994-0680

受付時間:9:00~18:00

お問合わせ

お客様の声

で、聞いたんですよ。 参加している一人一人に。「その時間を楽しみにしている」、それが決定的だった!

お客様のご紹介

顧問内容:社内組織活性化
会社名:株式会社エスケートラスト
業種:揚重・内装業
代表取締役 速水様

将来の事業承継も見据えた組織開発、社内活性化での顧問

2年前にどんな思いでお問い合わせをしていただいたのですか?

そうですね。
中村先生に依頼する前に、それこそ銀行の担当者とか、商工会で講演を聞いた中小企業診断士の人とか銀行の紹介してくれた人とか、それこそ色んな人をミーティングに入ってもらったりしていたんですよね。
外部の第三者の視点が欲しくて。
ほんと結構いろいろな人がいて。

自分も勉強したし社員を勉強に行かせもしていたんですよね。
ただ、話がちょっと専門的すぎるというか、高度すぎるというかちょっとピンとこなくて。
そんなことを試行錯誤している中で、中村さんに連絡をとらせてもらったんですよね。

そういう流れがあったんですね。
そんな中私は、毎月の損益会議と社内研修から入らせていただいたんですが、
これまでの2年間速水社長はどのように見えていますか。

そうですね。

改めて質問されてみると、
やっぱり主体的な行動とか発言とかが増えたと思いますね。

どういうときに主体的になったのを感じますか?

役職がありますよね。
それが言われたことしかやらない風潮があったんですけど、今はそれぞれから意見が出るんですよね。
よく動くし。
そういうところでよく見えますね。

本人達に何が起きているんですかね?

例えば、営業所長が啓発されたと思うんですよね。
彼が変わったことで下の社員達も啓発されたというか変化があったと思うんですよね。

飲み会やりたい!」とか、「決起集会やりたい!」とかそういうレクリエーション、
忘年会とか個人的にごはんに連れていくとか、そのあたりが出てきたんですよね。

いいですねー!意識の変化が起きたんですかね?

うん、そうですね。
だから会社は社長だけのものではないぞ!っていうのが良い意味でできたのかなって思いますね。

みんなが主体的になっていかないと、組織が大きくなればなるほど機能しなくなっちゃうので。

前はトップダウンが強くて、みんなが委縮していたまではないかもしれないけど、
知らないうちにやっぱり受け身になっていた気がしますね。

そこが主体的になっていたんですかね?

そうですね。
ただ、自分は欲張りなんでもっともっとっていう気持ちはありますけど、明らかにそこは違いますね。

この2年でリーダーシップという点で変化は感じますか?

考えるようになりましたね。

例えば、
リーダーが判断をするときに「なんでそういう判断をしたの?」って聞くようにしているんですよね。

その時に帰ってくる答えが
「あーしっかり考えているんだな!」っていう答えが多くなって、それを聞いて安心するんですよね。

判断が正しくても、プロセスが間違っていたりすることがあって、
そういうところが自分が結果オーライが嫌なんですよね。

道徳心であったりとか、本当にコンプライアンスの視点とか、
周りの人のこととか、その人が何を考えてその判断をしたのか。

その質問に対する答えが「そうだよね」って思うことが増えてきたんですよね。
価値観ていうんですかね。

それまではそういうシーンではどういう回答だったんですか?

んー、前は結構黙っちゃっていましたね。
説明はするんですけどね。

例えば、
なぜその見積りにしたのかとか、目先の利益だけを見ているようだと、
一時的に会社にとってはプラスでも、そういう根性が根っこにあると絶対にそれは相手に伝わるし、
最終的にビジネスとしては成立しないよ。
っていうことを説明したりするんですけどね。

最近は「お客さんとの交渉の中でこういう根拠でこの結論になりました。」
とか自分でしっかり考えて判断しているなーっていうのが増えてきたっていうんですかね。

それは、すごいしっかり考えるようになったんですね。
会社全体でみると、この変化はどんな意味がありますか?

んー、今うちの会社が規模的にこれからさらに大きくしていくことを考えた時に、
結構限界にきているんですよね。

頭打ちしちゃったっていうか。
数字もそうだし。

それで色々自分で考えた結果、
これから売上も上げて、働く条件、給料、ボーナスとかを充実させていくには、
全部自分が決めていくのでなくて、一人一人が主体的で、
挑戦したり、あれやってみたい、これやってみたいとかっていうので
組織が動いていくっていうのがいいんですよね。

一人一人が主体的に動いていくのが理想なんですね。

一人一人が違う人間なので、そこのバランスをとっていくというか、
会社としてはそうなっていきたいですね。

でも、あまり任せすぎてもダメな時もあるし、難しいですけどね。

でも絶対みんなの主体性とか能動性とかは絶対に必要だと思っていたので、
今は役員を筆頭に変わりましたね。

いいですね!これがこの先進んでいったらどうなっちゃうんですかね?

んー、そうですねー。

自分もふくめてほとんどの人は凡人だと思うんですよ。

でも凡人が5%でも10%でも
こうやっていこう!とか
自分の職場をこうしていこう!とかって団結していったときには、どうにもなると思うんですよね。

凡人も集まって力出していけば、すごく大きいものっていうんですかね。
そこにたどり着けると思うんですよね。

後継者についてはどう考えていますか?

私は身内がいないので、この会社の中で誰かなってもらえればいいかな、とは思いますね。

自分も70歳80歳まで社長をやっていて良いとは思わないので、
社内でやれる人材を輩出できればと思います。

この会社の方向性というか、
そういうのを理解してくれる経営陣を育てたい
なっていうのはありますね。

そういった経営陣を育てていくっていうのも目的にはあるんですね。

そうですね。
取締役もどんどん増やしたいと思っているんですよね。

能力があればどんどん役員にして、だれでも経営陣になれるというか。
若手の成長を期待もしていますし。

最後に、これからSUBIRAに相談に来られる方にメッセージをお願いします。

実はですね。
今期契約も更新したじゃないですか。

それに決定的な理由があるんです。

それは何かっていうと、
中村さんの研修なり、損益会議なりに参加している人たちが
どう感じているか?だと思うんですよね。

ものすごくいいこと言っていても、
参加者がどう受け止めているかで、何も響いていなかったら全く意味がないと思うんです。

で、聞いたんですよ。
参加している一人一人に。

そしたらほとんどが「継続してもらいたい!」って言ったんですよね。
むしろ「その時間を楽しみにしている」って言った人間もいて、
そこが決定的でした。

あー、もうこれは仮に契約料が倍になったとしても継続しなくてはいけないな!と思いましたね。
よくコンサルの言うことはあまり聞くな!とか聞くんですよね。
会社のことをあまり知らなくて「こうしたらいい」とかいってきたりとか。
そのくらいのことは自分でも考えたことはあるよ!って思ったり。

でも、中村さんのかかわりっていうのが、
その人の力を引き出そうとする」というか。
考えていないと言葉にならなかったり、考えているとその質問が心地いいと思うんですよね。

そういう意味で、従業員の活性化が起きて、すぐに数字に反映されなくても、
長い目で見てスタッフの力を引き出して、モチベーションを引き上げるというか、
それが長期的には結果につながる
と思うんですよね。

自分はそれは一番大事だと思っているんです。

もちろん、あたらしいビジネスアイデアとか、数字の見方もいただいたりしているんですけど、
本当の力を引き出せるというか、
主体性を引き出すところを求めている経営者はとても多い
と思うんですよね。

そういう人がいいと思います。

今日はありがとうございました。私自身も非常に勉強になりました。

こちらのページもご覧いただいています。

お客様インタビュー

楽しい人と一緒に仕事をしたい。だから自分が楽しいと思えることをしていきたい。

今のこの営業所の雰囲気僕好きです/将来の事業承継も見据えた組織開発、社内活性化での顧問

将来の事業承継も見据えた組織開発、社内活性化での顧問

PAGETOP