新規事業創出・事業承継・M&Aのご相談はこちら

055-994-0680

受付時間:9:00~18:00

お問合わせ

お客様の声

今のこの営業所の雰囲気僕好きです/将来の事業承継も見据えた組織開発、社内活性化での顧問

お客様のご紹介

顧問内容:社内組織活性化
会社名:株式会社エスケートラスト
業種:揚重・内装業
取締役 遠藤様

最初の印象はいかがでしたか?

僕らは、当初もともと社長が主催で勉強会をやっていて、知識だったり、育成のための勉強会みたいなものをやっていたのですが、
なかなか集まりも悪いし、やる意義をあまり理解しないでやっていた感じがあったんです。

でも、興味がないことは頭に入らないなーって思っていたんです。

でもやっぱり上司の言葉ではなくて、外部の人からの言葉は入るのかな・・とは思いました。

何者だ?とか抵抗はありませんでしたか?

最初は、正直「怪しいな」とは思いました。

例えばミーティングの前に体を動かしたりとか、深呼吸したりとか。
今でこそ慣れたんですが、やったことがないことだたので、違和感を感じて。
でもその意味を知ることで、「なるほどな」と気づくことが多くありました

あとは、空気づくりがうまいな!と思いました。
身内で研修をやると空気が重いんですよね。
中村先生が当初来たばかりの頃は、だいぶ空気感が重かったと思うんですよね。
ガチガチな「先生と生徒」みたいな。
それは望んでいなかったんですけど、そうなっちゃっていましたね。

毎月の損益会議もどちらかというと、
「数字部分の成績発表会」みたいになっちゃっていて、建設的なものになっていなかったなーと思うんですよね。

数字が上がれば「頑張りました!」、上がらなかったら「すいませんでした」というだけで、
「じゃーどうする?」とか違う視点から見てみるとかが無くて。

マンネリ化していたというか。
辛かったですね。
憂鬱でした。

会議のための答えを持ってきていたというか。
でも、そこから活性化はなかったんですよね。
モチベーションは上がらないでしたね。

結果から深く読み取って、どうするか?ていうのが無くて、今は会議が深くなったというか。
一方的な報告会みたいな感じだったので、中村先生が入って、中身がガラッと変わったというのはありますね。

中村先生が入るまでは、
「会議でモチベーションを上げられる」という認識はなかったので、新鮮でした。

何が一番違いました?

そうですねー。

損益会議(当社で行っている毎月月次決算を見ての役職者会議のこと。2年前から中村がファシリテーターを務める)でいうと、
数字をどうするというところじゃなくなったところじゃないですかね。

やっぱりリーダー育成が一番の目的だと思うので、
リーダーとして結果を残すために組織をどうするか?仕事の取り方をどうするか?
など色々な視点で話せるようになったところですかね。

もう一個の勉強会(毎月1回リーダー層向けに開催。中村が講師を務める。)の方は、ものすごく考え方という意味でいい刺激だったなーと思います。

考え方?


はい、考え方。例えば自分と向き合うとか。

それこそ目標設定一つでも、前の目標設定の仕方は、まず数字を出して、そこに向かう数字を出していくやりかたをしていたんです。
でもそれやると絶対の達成できないんですよね。

僕らのような指導する側でも、自分たちがその目標に向かうのに、
そこにどういう意味があって、それのためには何かやるか?というところまで設定をしてこなかったので。

「まず人ありき」「仕事の取り方」だというところに視点が変わったなーていうところですかね。

なるほど、まず人ありき。

数字の先をさらに詰めていったところが大きかったなーって思います。

とくに印象に残っているのは?

まずは部下が「勉強会が楽しい」っていったんですよね。
行きたい」っていったんですよね。

今まではそんなことがなかったので、その部下だけじゃなくて、その後輩にもつながっていくものだと思ったんですよね。
僕らが勉強するだけじゃなくて、後任の人たちが勉強するための場であってほしいと思っていたので、そこがうれしいですよね。

自分たちが育てられない部分を育ててほしいと思っていたので。

自分たちが育てられない部分ですか?

うーん、やっぱ組織作りっていう部分は我流でやってきたので、考え方だったりとか、
自分が何ができて何ができないのかを深く考えるようになって、今はそれってすごく大事だなって思うんですよね。

これまでは、リーダーが全てを背負って全てをやらなければいけないと思ってこれまで来ていたんですが、今は全く思わなくなりましたね。
むしろ、ほぼできなくていいんだ。と思っています。

できなくていいっていうのは?

今は、できる人にできることやってもらえばいいって思っています。

なるほど

何の変化かわからないですけど、そうですね、今は。

必要なことはできるようになることは大事ですけど、無理矢理できるようにすることをしなくなって、
その分自分のできること「長所を伸ばすようになった」かな、とは思います。

自分の長所を伸ばすし、部下の長所も伸ばしてあげる?

そうですね。
中村さんが言っていた「役割」という言葉。

特にこの1年は考えますね。上とか下とかではなくて「役割」。
だから、偉くないんですよ。

そこ重要だなって思っていて、僕はどちらかというと下の人を見下して、
人を使うっていう感覚で仕事を捉えていたので、それはなくなりましたね。

なるほど、結構大きな変化ですね。

大きいですよ。
僕、昔はよく人によって態度が変わるって言われていたので、そういうのって、人はわかるじゃないですか。
そういうのが無くなったとはすごく言われます。

周囲から言われます?

すごく言われます。自分でも思います。変わったなって。

周りから言われるってすごい変化ですね。
意識の変化だけではなく、遠藤さんの表現も判断も振舞い方もきっと変わっているんですね。

だと思います。
前は人が離れていくことが多かったですけど、今は全くそれが無くなりました。
今はすごく楽です。
素直に感謝できるようになったとは感じますね。

遠藤さんから見て会社の雰囲気は変わりましたか?

それはすごく思います。
今のこの営業所の雰囲気僕好きです。

仕事が楽しくてワイワイして仕事していた創業のときの雰囲気に近いなーって思います。
仲間と仕事をしている一体感が少しずつできているのかなーと思いますね。

エスケートラストのストーリーとしてもいい話ですね!

2年前(関与前)の自分に一言いうとしたら?

そうですね。

自分のやれることって、自分で決めた覚悟の分だけだなって思うんです。
僕はその頃、不安がすごい強かったんですよね。
だから踏み込めきれなかった部分があって。

でも、今になって自分が口出したり、手を出したりするようになったんです。
でもそれって、本気で自分が踏み込もうって思って、動き出さないと踏み込めないところだと思うんですよね。
僕が決めた覚悟より上には、部下の人たちも踏み込まないなーって思います。
ほんと、任せられる人が育っているなーって感じます。

だから、相当成長しているぞ!と伝えたいです。

でもほんと、2年前と比べると、発言の量と内容の深さが全然違いますよね。

もう全然違います。

表面的じゃないというか、今度はそういう部分を作っている側を知りたいですね。
多くの言葉じゃなく、一言二言で「ポンッポンッ」て質問するじゃないですか。

そういう、ナビゲートしていく人って重要だなって思いますね。

前は、全然か会議がまとまらないなーっていうのがあったので、
そういうところが見えるようになったのは、やっぱり一個成長のポイントなんだろうなーと思いますね。

今の会議のあの雰囲気、好きなんですよね。
中村先生がいない会議でも、割とポンポン意見を言うようになったんです。

とてもいいですね。
これからますます活性化していくのが楽しみですね。
今日はありがとうございました。

こちらのページもご覧いただいています。

お客様インタビュー

楽しい人と一緒に仕事をしたい。だから自分が楽しいと思えることをしていきたい。

で、聞いたんですよ。 参加している一人一人に。「その時間を楽しみにしている」、それが決定的だった!

将来の事業承継も見据えた組織開発、社内活性化での顧問

PAGETOP