新規事業創出・事業承継・M&Aのご相談はこちら

055-994-0680

受付時間:9:00~18:00

お問合わせ

よくご相談いただく事例

娘婿を後継者にしたいが、もし将来離婚した時が心配である

経営者の方からの事業承継のご相談でよくあるケースが、「娘婿を後継者に考えているが、もし将来離婚した時が心配である」というご相談です。

例えば、現経営者の方に息子がいなく、娘一人だけの場合で考えてみましょう。
跡継ぎ問題を長年不安に思っていた中で、娘が結婚し、娘婿が会社を引き継いでくれると言ってくれた時には、それまでの不安が解消された瞬間かもしれません。
しかし、ここで一つの不安がよぎります。
もし、事業承継後に娘と婿が離婚したら、会社はどうなるのだろうか?
確かに、2018年の日本の統計では3組に1組が離婚するというデータが出ており、離婚は当然に起こり得る出来事の一つとなっています。

娘婿に贈与で自社株を移転した後に離婚してしまった場合、会社は娘婿が実権を握ってしまっています。そのため、今まで何代も親族内承継をしてきた会社が、離婚を契機に赤の他人が会社のオーナーとなってしまいます。
これに対する対策は何かないのでしょうか?

実は、信託を活用した事業承継を活用すれば、娘と娘婿の離婚などの危惧するような状況が起きた場合、株式の所有者を娘婿から娘へと移転させることができるように設定することもできます。

先代社長のお子さんは娘さんだけで、息子さんには恵まれませんでした。
社長の中では、やはり後継者(時期社長)としては男に継いでもらいたいという想いがあります。
経営をしていく上では体力的にキツイことや苦労もあるので、娘さんには継がせられないというのが本当の想いでしょう。
しかし、自身の年齢等も考えると、そろそろ先代社長は引退し、後継者としては優秀な娘婿をと考えております。

心配事としては、
娘と娘婿が将来、離婚してしまった時、、、です。

娘婿に自社株を渡して事業承継をした後に、長女と娘婿が離婚してしまったら、自社株は娘婿の所有になります。
そして、娘婿が亡くなった後は、娘婿の家系に相続され、先代社長の家系には会社の経営権はなくなってしまいます。
自身が人生をかけて成長させてきた会社が、事業承継後に娘が離婚してしまうと、他人のものになってしまいます。
先代社長としては、会社が他人のものになってしまうのは何としても避けたい!と思っています。
そんなことはないと思いたいが、、、、絶対にそんなことがないとは言えません。
今は仲が良くても、将来はどうなるか、、、

何かよい解決策はないのでしょうか・・・?

信託を活用した事業承継であれば、その心配事を解決することができます。
通常、自社株には会社の決定権(議決権)である「会社の経営権」と、配当等のお金の権利である「財産権」があり、
これらは切り離すことができません。
それらを切り離すことができないのが、悩みの原因なのです。

しかし、信託を活用することで、自社株の持つ「会社の経営権」と「財産権」を切り離すことができます。
そして、会社の決定権(議決権)を後継者である娘婿に渡し、会社を任せます。
自社株の持つお金の権利は、血筋である長女へと渡します。
万が一、長女と娘婿が離婚してしまった時には、この信託は終了をし、長女に自社株が移転できるような内容にしておくことで、
将来離婚してしまった場合でも先代社長の家系に自社株は戻ってきます。

そのため、先代社長は安心して、事業承継を進めていくことができます。

【初回無料で相談を受け付けております】

ちょっとしたご質問、ご相談にもお応えできるよう、初回面談は無料で受け付けています。心配ごとがあるようでしたら、ぜひ一度お電話ください。

※無料相談はお客さまの思いをしっかりとお聞かせいただきたいため、直接お会いする面談形式のみとさせていただいております。(お電話やメールのみのご相談はご遠慮いただいております)

※ご相談は、事業承継を検討されている方と、そのご親族様に限定させていただいております。

【ご相談の手順】

以下が、ご相談の手順となります。

1.初回相談は無料です!【要予約】

SUBIRAグループでは、事業承継の専門家が親切丁寧にご相談に対応させていただきます。
初回の面談は、無料で対応させていただきますので、是非ご利用ください。

お気軽にご相談ください。

予約専門TEL:055-994-0680(店)

2.無料相談の実施

ヒアリングシートをもとに事業承継の専門家がおおむね60分の時間でご相談者様からお話をお伺いいたします。

ご相談への回答と、必要な事業承継の手順をお知らせします。

また、事業承継の基本ルールのご説明や、必要事項の聴取を行います。

3.お申込み(ご契約)/事業承継支援の開始

ご相談後、ご納得いただければ、お申し込みをしていただきます。
SUBIRAグループが、お客様の事業承継の完了までの一切の不安にお答えします。
貴社の事業承継を責任もって、ご支援させていただきます。

こちらのページもご覧いただいています

お客様インタビュー

楽しい人と一緒に仕事をしたい。だから自分が楽しいと思えることをしていきたい。
今のこの営業所の雰囲気僕好きです/将来の事業承継も見据えた組織開発、社内活性化での顧問
で、聞いたんですよ。 参加している一人一人に。「その時間を楽しみにしている」、それが決定的だった!
将来の事業承継も見据えた組織開発、社内活性化での顧問

コラム

コラム一覧
廃業以外の手段を考える(早めのご相談を!)
建設業の事業承継・M&A その1 ~経営事項審査と事業承継・M&A~(YOUTUBEによる解説有)
建設業の事業承継・M&A その2 ~改正建設業法と事業承継・M&A ~
建設業の事業承継・M&A その3
【ご相談事例①】父の居場所は無くせない・・・
【ご相談事例②】一度シンプルにしてみる
【ご相談事例③】変えたくない社長と、変えたい後継者

基礎知識

事業承継の基礎知識
親族内承継のメリット・デメリット(YOUTUBEによる解説有)
従業員承継のメリット・デメリット
M&Aのメリット・デメリット(YOUTUBEによる解説有)
特例事業承継税制
事業承継信託|自社株信託
静岡県内で会社を買いたい方
静岡県内で会社を売りたい方

PAGETOP